大澤誉志幸ソロデビュー25周年記念ブログです。 大澤誉志幸さんソロデビュー25周年!大沢誉志幸から大澤誉志幸へ。「そして僕は途方に暮れる」など数々の名曲から25年。

大澤誉志幸 y-ohsawa the 25th anniversary --2008年限定公認BLOG--
大澤誉志幸 y-ohsawa the 25th anniversary --公認BLOG(2008年限定)-
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Landscape >>> drawing Y.O 風景と線
landscape
大澤さんの all produce作品、LANDSCAPEシリーズのvol.oneがこれ。
東京の風景とphotographと音楽。すべて大澤さん。

ほとんど夜の街の映像なんですが、音楽だけ聞くと、openingは特に、青空に白い雲が流れ行くような光に満ちた音楽です。夏の空によく合います。
音楽のみのCDヴァージョンもあります。これを聞きながら車を運転するといい感じです。
大澤さん自身もチラリチラリと登場。
水と光と闇が印象的ですね。音楽もまさしく、その3つが交錯しています。
大澤さんの瞳を通して見せてもらうアーティスティックなLandscape。
闇の中に光があり、光の中に闇があり、美しい風景を色と音で奏でています。

その中の1シーン、drawingで、鉛筆1本でさらさらと手慣れた感じでイラストを書き上げる大澤さん。
大澤さん、学生時代、教科書の隅にらくがきするタイプですよね、きっと…・・・。
CDのCollageでも、譜面のあちこちに、大澤さんちっくなイラストがいっぱいでしたね!

FCでもらった、drawing bookもありました。覚えてますか?
大澤さんは覚えていらっしゃるんでしょうか?
このFREE DRAWING ちょうど、23年前の今週、8月29日の日付ですョ!ちょっとだけUPしますネ!

drawing
これもまたアーティスティックです。タイプライターで打った英文がおしゃれです。


そして、毎回大澤さんの映像と音楽が楽しめるLandscapeシリーズ、続編はあるのかな。
ぜひ、ネクストお願いしたいところですね。

8月も終わりになって来ました。朝夕はずいぶん涼しくなってきましたね。
海風が陸風に変わる夕凪の刻のように、夏から静かに秋へ季節が変わり始めていますね。

スポンサーサイト
CHIVAS REGAL presents. Smooth Blaze at FAB/表参道 決定!
fab6
CHIVAS REGAL presents. Smooth Blaze at FAB/表参道
~Yoshiyuki Ohsawa Favorites Afternoon Live & Night LIVE~


2008年5月に続く大澤誉志幸Smooth Blaze第2弾。
今回はYoshiyuki Ohsawa Favorites Live と題し、彼の選りすぐりのカバー楽曲とオリジナル楽曲で極上なLIVE TIMEを創造する!!


* GARDEN会員/一般優先予約 *


開催日:2008. 10.25 (sat) 
場所:FAB omotesando(表参道/東京)
〒150-0001 渋谷区神宮前4-2-12 WES B1F
●TEL:03-5772-8566 ●FAX:03-3746-1015
http://www.fab-web.net/

アクセス: 営団地下鉄銀座線・ 千代田線「表参道駅」より徒歩約3分 /表参道駅A2出口(マクドナルド前出口)マクドナルドと伊藤病院の間の道を入り10メートル先の右側

表参道MAP

開場ならびに開演: 
★Afternoon Live / open: 15:30 / start: 16:00
★Night LIVE / open: 19:00 / start: 19:30 
(各開場時間、入場時間を御確認の上開場15分前迄に御来場ください)

チケット料金: 
★Afternoon Live:チケット代(\6500/1drink付)+送料\200
★Night LIVE:チケット代(\6500/1drink付)+送料\200
※Afternoon Live/Night LIVEを含む複数枚数でも\200

送料: \200(Afternoon Live/Night LIVEを含む複数枚数でも\200)
御振込み金額: チケット代×希望枚数+送料(\200)
御申込み期間: 申込開始/2008. 8 .18 (MON)   
  〆切 / 2008年10月10日(FRI)(当日消印有効


*注意事項*
1)チケットは申し込み者(代表者を通じてお申し込みの場合は申し込み代表者)に郵送いたします。
2)チケットは記念チケット型になっております。
3)お振込みの際の受領書の半券は念のため必ずお持ちください。
4)予約順にて後日整理番号付チケットを送付いたします。
5)入場に関しましては、OPEN時間の15分前に「GARDEN会員」~「一般優先申込者」の順で整理番号順に御入場していただきます。その後一般の方の入場となりますので、開場15分前迄に御集合ください。
6)開場時間以降の御入場の場合は整理番号は無効となりますので御了承ください。
7)6歳以上の児童入場の場合、別途チケットが必要になります。
8)未就学児童の御入場はできませんので御了承ください。




ということで、詳しいお申し込み方法は公式WEBへ>>>>YOHSAWA WEB SITE

CHIVAS REGAL presents. Smooth Blaze が決定しましたね。
10月~11月は、CDリリース、ライブそして、FC TOURとイベント盛りだくさんになりそうですネ!
大澤さんも怒涛の後半戦に突入ですね。
夏といえば、これ。高円寺阿波おどり
place01

お盆も過ぎ、これから少しずつ夏の終わりへ季節は向かっています。今年の夏はゲリラ雷雨で大変でしたね。大雨になった時、ふとSORTEサマ事務所は無事なのだろうか?と心配になってしまうのは私だけではないはず。(SORTE公式WEB住所参照) 大丈夫だとは思いますが…。
この雨、不純物がいっぱいのようです。先日雨に濡れたら、発疹が出ました!みなさんお気を付けくださいね…。太陽も雨も恵みであり、最近では注意すべきものとは悲しい現実です。

お盆休みいかがお過ごしでしょう?大澤さんはレコーディングinお盆だったんでしょうか?私はいろいろ所用でああっという間に休みが終わってしまいました…。。。

やっぱり、夏8月、大澤さんと言えば、これ欠かせない話題ですよね。「高円寺阿波おどり」
圧巻ですね~。
以前、サウンドストリートでも阿波踊り会場から放送っていうのがありましたよね。

私も昨年ちょうど行く機会があったので行ってみました。時間がなかったのでほんのちょっとしか参加できなかったですけど…。
高円寺駅を降りたとたん、お腹に響いてくる地響きするような太鼓の音!しかも、コントラティエンポ…裏打ちのリズムじゃあないですかっ!私、裏打ちのリズムがすごく好きなんです。かっこいいですよねぇ~。

このうねるような阿波踊りのリズムを聞いた時、なんとなく大澤さんの音楽のルーツがわかったような気がしました。
大澤さんは、阿波おどり現役時代「飛鳥連」ちびっこ時代は「のびゆく連」だったんだそうです。(昨年箱根でおっしゃってました)

ちなみにこの阿波踊りって、連に入ってないと踊れないんだそうですね。友達に高円寺に住んでいた子が居て「踊ってたの??」と聞いたら連に入ってないと踊れない、って教えてもらいました。わたくし、高円寺在住の人、全員踊るのかと…思っていました。。よく考えたら、そんなわけないですよね~。(でも一般参加で申し込めばOKですよね、たぶん)

今年も8月23日、24日に開催されます。踊りっていうのは、無心でトランス状態になれますよね。

大澤さんも、無心で踊ってらしたんでしょうね。。すごく楽しそうだもん。。(写真参照)夏の終わりをこんな威勢のいい踊りで締めてた大澤さん、粋です。

気分だけ参加してみましょう>>>>高円寺阿波おどり振興会公式ウェブサイト

※写真は、春の大澤さんギャラリーより再び掲載してみました。季節ど真中なんで!何度見ても飽きませんよね?
sock it to me II ticket
sock it to me II

久々にチケットをアップします。これは、SOCK IT TO ME II ツアーの時のチケットです。私は手持ちのチケットの中で、このチケットが一番好き。
これ真ん中に折れ目が入っていてたぶん二つ折りに出来たんですよね。

過去の失敗に学び(ARABLE IIでシールを洋服に貼り付けてしまい奇麗にはぐのが大変&保存が不可能になり台紙に貼ることに…)折り曲げたい気持ちをぐっとがまんし、原型をとどめて保存していました。

よって、このYOSHIYUKI OHSAWAをきちんと読もうとすると、何だ?上の文字…ってなります。逆にすると…(写真右) ホラ! sock it to me II です。

SOCK IT TO ME II ツアーは、学園祭ライブ 8本も含め1987年9月よりスタート してます。
内容はスクラップストーリーズがメインだったと思います。
学園祭も行ったんですが、この時の印象の方が強いかな。なにせいつものライブと違って周りが男子、男子だったもんでテンションがちょっと違う雰囲気だったのをよく覚えています。
私たちの前も男子(しかもデカイ)だったんで、見えないよぉ~ん、と終始大変でした。
ステージはとってもシンプル。バンド&大澤さんって感じでした。
客席もステージもすごい盛り上がった。
GOGO HEAVENの時なんかすごかった記憶があります。

私その時、確か白のフェイクの毛がモワモワついてるデニムの上下を着てたんですよ。そしたら一緒に行った友人から整理券持って並んでる時、一言「マタギみたい」って言われたのがすごいショックでよく覚えてます…。(涙)あたしはクマを打つのかよぉぉ…と思ったのでした…。
そんな凹んだ気持ちも、大澤さんのライブで吹き飛んで帰ったのでした。

明日から大澤さんは、新曲のレコーディングですね!
これからお盆を挟み?お盆返上?でレコーディング後半戦ですね。
そうこうしているうちに…夏から秋へ季節が移り変わって行きますね。
今年ほど、季節 SEASON を意識する年はないかもしれませんネ。
なにせ、季節ごとのGREETINGが届くゆえ…!
大澤誉志幸 レコーディングレポが届きましたよ~。
大澤さんレポ

大澤さんよりレコーディングの近況報告が届きましたので、レポをUP致します。
じっくりとお読みくださいネ!

Y,OHSAWA SESSION REPORT VOL01
「その気×××」& 新曲「夏の日の永遠」

MEMBER
大澤誉志幸 with
ギター:柴山和彦
ピアノ&キーボード:大山泰輝
ドラム:小松茂
ベース:千ケ崎学


「その気」は20周年のライブのときに演奏したものとほぼ同じ感じで演奏、録音しました。
テンポが速くなってカッチョ良くなっていると思います。
まずバンドでセーノで4回ほど録音し、その4つのテイクから一つのテイクを選びました。
そののち、ホーン・セクションをダビングしました。

何か足りないと思い、僕がコンガを仮で叩いたのですがね、イマイチでした。
なので、別の日に小野リサの旦那さんにちゃんと叩いてもらいました。
(彼は前回のレコーディングでも「丘の上の恋」のブラシを演ってもらいました。)
で、歌入れももう歌い慣れているので、即うまくいきました。

新曲の「夏の日の永遠」は確かSTBで僕が復活したときに演奏しています。
そのときは歌詞はありませんでした。
今回、西田恵美さんに歌詞をつけてもらいました。
ボサノヴァです。ただ、モンド風にカズさんのトレモロ・ギターを入れて見ました。とっても心地よいですよ。

他に先日のSTBで演奏した弾き語りの「その気」生ギター・ヴァージョンと「インスト」を録音しました。「インスト」はまだタイトルがついてません。
この楽曲はいつも「インフィニティー」の前奏で弾いているギターだけの前奏メロを録音したものです。

そして、銀色とのお久しの楽曲「それからの君は」は、武部聡さん(一青窈、ユーミン、高杉さと美の編曲などなど)と一緒に仕事をします。たぶん、こちらは11日はじまりですが、今月いっぱいかかると思います。
ストリングスは「途方」のときの弦一徹グループです。


*************************************************************
7月末よりスタートしたレコーディングも、折り返し地点を通過中の大澤さんの近況報告レポ!
オリンピックなみに忙しい大澤さん、お身体に気をつけてレコーディングがんばって欲しいですね。
そして…アルバム発売を、ちょっとずつ実感して来ました~。
レコーディングの全貌が徐々に…明らかになって来て嬉しいですね!
なんだか大澤さんのレポを読んだだけでレコーディング風景が目に浮かびそうです。心地よい音が聴こえてきそうですね。
早く音源が聴たいですね~。

URUさんSESSIONヴァージョンは、密林さんのブログで読めますヨ。


クールな夏を、セルソ・フォンセカ で。
ナチュラルナチュラル
(2003/07/23)
セルソ・フォンセカ

商品詳細を見る


夏も本番、8月に突入しました。

大澤さんは、まだまだレコーディング中まっさかりなのでしょうか?次回作は一体どんな内容のアルバムになるのでしょう。全貌がわかるのは、いつになるんでしょうネ。

次回のアルバム曲候補…という事で前回のライブでは「その気×××」という話があって…とおっしゃっていましたが、ライブヴァージョンのアレンジで登場するのか、全く違うのか楽しみですね。

夏といえば、やっぱりボッサ…が心地よいですねぇ。大澤さんのおすすめのボサノバの中で、私的に一番好きかなぁ…というのが、セルソ・フォンセカです。

曲のつくり的に
あり方的に、

大澤さんぽくないですか??


  kao03 kao02 kao04


フォンセカは、シンガーソング・ライターでありギタリストでありなおかつプロデューサーとしてもセンスばりばりカッコいいです。
私が最初に聴いたアルバムは、「Natural」でした。上質なボサノバです。大澤さん曰くカエタ―ノ系の甘さがあるフォンセカ。甘いんだけどほどよくクールです。
ソルチ・ミュージックのソルチは、セルソ・フォンセカのアルバム「ソルチ」より付けられたそうです。
この「ソルチ」も1度聴くと忘れられないメロディですね。「ソルチ~」のルの発音が柔らかくていい響き。日本語だと「らりるれろ」って固いけど、すごい柔らかい音色で心地よいです。

真夏日続きのこんな夏を涼しく過ごせるアルバムだなぁ…と思います。
こんな暑い季節こそ、ゆったりとした時間を過ごしたいですねぇ。
Naturalのジャケットみたいなバカンス気分の休日をボサノバで…ぜひお試しあれです。


スローモーション・ボサノヴァスローモーション・ボサノヴァ
(2006/11/23)
セルソ・フォンセカ

商品詳細を見る


大澤さんのおすすめ曲「スローモーションボサノバ」。。有無を言わさず名曲です!
Naturalの中にもアレンジ違いで入ってますよ。Naturalの中のヴァージョンの方が、文字通りナチュラルテイストな気がします。


ソルチ

SORTE
発売元: 2006 Dubas Musica

タイトルとなっているソルチは、幸運という意味のポルトガル語です。
直訳すると、ソルチ・ミュージックって、幸運の音楽、ってなりますね。
ミュージックは、 MUSICA(ムジカ)。表記はUの上に ' が入ります。

ポルトガル語的に発音すると ソルチ・ムジカ となりますね。

下記サイトで試聴が出来ますので、まだ聴いたことない人はチェック!!↓

Celso Fonseca
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。