大澤誉志幸ソロデビュー25周年記念ブログです。 大澤誉志幸さんソロデビュー25周年!大沢誉志幸から大澤誉志幸へ。「そして僕は途方に暮れる」など数々の名曲から25年。

大澤誉志幸 y-ohsawa the 25th anniversary --2008年限定公認BLOG--
大澤誉志幸 y-ohsawa the 25th anniversary --公認BLOG(2008年限定)-
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Live report 1984 ARABLE II

Time trip 1984 ARABLE II
一緒に、あの日のライブ会場へ…行きましょう

******************************************

1984年秋、曇りのち雨。

6:35 開演5分前の合図のベルが鳴る。客席がから興奮の声があがる。
6:40 場内が暗くなり、静かにライブの幕が上がった。

大歓声の中、舞台中央奥に設けられた白い階段の上に人影が動く。そして、その手が奥の白いスクリーンの上をペンライトのようなもので何かしらなぞっているかと思うと、そのたどった後が、 "WELCOME”と浮き上がった。同時に客席から怒涛のような歓声がわき上がる。
ドラムスティックのカウントでいきなり、大沢さんが舞台中央にピンスポットで照らされ、CONFUSIONで,ライブがスタート。

会場は、もうすでに興奮の嵐。客席はもちろん総立ち。1曲歌い終えた大沢さんはすでに汗びっしょり。続けて3曲ほど演奏して、大沢さんのMC。
「今日は最後まで楽しんで踊ってください。続けて行きます。CONFUSION の中から、ダーリン小指を立てないで」

マイクスタンドにコートをかけて、それを相手に歌う大沢さん。それから「サディスティックカフェ」へ。
NYのリバーサイドカフェの話の後、「宵闇にまかせて」へとつながる。
ブルーのライトが幻想的。まるで絵のようだ。

「雨のタップダンス」
「ハートブレークノイローゼ」

ここで1年間の中での大沢さんのベスト3の発表。
3位「夜のヒットスタジオに出られたこと」
2位「大阪のラジオで知世ちゃんがゲストで来たこと」
1位「1年間でアルバムを3枚作ったこと」

そして、「今日はシールがチケットになってて…あ?(ここで間違いに気づく大沢さん)チケットがシールになってるのか…(と自分で納得)おでこでも、お尻でも、おっぱいでも…ふふっ貼って次の曲を聴いてください。この夏流行ったこの曲 その気×××」の言葉で会場は大拍手。ほとんど「夜ヒット」の再来。エキサイティング!ステージのバックには再び幕がおりてくると、あの×印や大沢さんのスライドが映し出される。

Living inside では、ギターを披露してくれました。次のウーレイがそのまま続き、客席の歓声が納まるのを待って大沢さんが再びMC

「今日は皆に覚えて帰って欲しい言葉がある。『人間は不完全なものである。だから男と女は魅かれあう』『英雄になれない人間もいる。しかし人間になれない英雄もいる。』この2つの言葉を覚えて次の曲を聴いてください。 BROKEN HEART…」

客席には静かに拍手が広がる。

そのあとは一転、「こっちをお向きよソフィア」「ラヴィアンローズ」で軽快に。
さりげなくポケットに手を突っ込む大沢さん。キマっている!

ここで、プリティな曲に合わせメンバー紹介。曲に合わせた大沢さんの振りがまた決まってる。



メンバ―紹介の後は、「27歳になる前にこんないい曲が出来たことはいいことだと思う。今日、そのいい曲をうちに帰ってもう1度レコードで聴いてください。」と名曲「そして僕は途方に暮れる」へ。
もう客席からは大歓声。そこから、一気にe-Escapeからラストの曲まで全力疾走。気がついたら、ステージのライトが消え、上にはもう誰もいない。アンコールの拍手が起こり始める。

1回目のアンコール。
いきなりSCOOPでノリノリ。大沢さんが歌い終わっても歓声の嵐は鳴りやまない。しかし大沢さんの「しーーっ」の一言でしんっっとなる。
マイクの前でバドワイザーにゆっくり手を伸ばす。ふたを開けるパンッという音にまた嵐のような歓声。
ぐいーーっとバドを飲んで「OK、じゃあみんなまた来年のツアーで会いましょう。僕の1番好きなモータウンの曲 This old heart of mine!」

曲中の「I love you」のところ、マイクを客席へ向ける大沢さん。和やかな雰囲気。
でもまだまだ足りない。

2回目のアンコールは一転して「静」
I Loved You をしみいるように歌い、バックスクリーンにシルエットだけ残して大沢さんが消える。
そのバックスクリーンのしだいに消えてゆくシルエットと、アンコールの拍手と歓声がクロスする。
ほとんど悲鳴のようなアンコールの声、声、声。このまま終わったんじゃあまりにも切ない。

そして3回目のアンコールは、とっておきの曲「晴れのちブルーボーイ」で会場は大パニック!歓声の中、大沢さんの「どうもThank you!」の声ででライブの幕がおりた。

とにかく1曲1曲への客席の反応が熱い!約2時間23曲の熱い熱いライブでした。

report for FUN CLUB


シルエット


************************************
このライブレポは、当時のFCで特派員の募集があり、書くことが好きだった私が応募していたらしく、当時の大澤さんの会報などの間から見つけました。自分自身も懐かしく当時のライブを思い出しました。
まだまだ当時学生だった私のつたないライブレポですが、あのツアーで同じ体験をしたあの日のあなたへ。
ちょうど「そして僕は途方に暮れる」大ヒット中だった頃ですね。あの日の興奮が昨日のことのようです。
よくメモ取ってたなぁ…と自分でも驚きます。大切なものだったから、でしょうね。
写真は、アンコール最後のシルエット3ポーズ(これも提出があったようです)
皆さん覚えてます??


スポンサーサイト
25th anniversary によせて。
はじめまして。
大澤さんの記念すべきソロ25周年となる2008年。

デビューから現在に至る大澤誉志幸の音楽について、これからつたない文章力ではありますが、ほつほつと、書き綴っていきたいと思います。

私には音楽の専門的な知識はありません。
ただ、記憶というデータベースの中にある、私が感じてきたアルバム、ライブ、映像、などについて書いて行けたら…と思っています。

TVから流れて来た大沢さんの楽曲は、初めて耳にした時、「これ誰の曲?」と、私の思考をとめ曲に耳を傾けさせました。
その瞬間から、私と大澤さんの音楽は重なり合ったのです。

たぶん、ほかのファンの方もその出会いの瞬間がそれぞれの胸の奥の記憶の中に鮮やかにあるのではないかと思います。

手をとめ、耳を傾ける3分間。どんどんそのメロディに魅かれて行きました。私、この曲好きだ!誰?誰?誰?そう思った曲は、大澤さん自身のデビュー曲ではなく(まだ大沢さんはデビューしてなかったので)、沢田研二さんの歌う「晴れのちブルーボーイ」でした。

私が気になったのは、誰がこのカッコイイ初めて聴くようなすごい曲を作曲したのか?でした。
そこには、 作曲 大沢誉志幸 と名前がありました。
「オオサワ ヨシユキっていう人の曲なんだ。」

それが、私とまだ見ぬ大沢さんの出会いの瞬間でありました。

私が大沢さんのデビューアルバムを手にするのは、そのもっとのちのことです。
あれから、25年以上の歳月が経ち、2008年大澤さんはソロデビュー25周年。

それは、また私や他のファンの方にも通じる、大澤さんと一緒に歩んできた25年でもあります。

それぞれの想いがそれぞれの曲にある。
一緒に想い出しながら、一緒に共感しながら、一緒に大澤さんの25周年を祝えたら嬉しいです。

ともかく、まずは…。


大澤さん、ソロデビュー25周年おめでとうございます。
そして、これからもずっと歌い続けてください。
大澤さんにしか歌えない、魂に響く歌を。


Y.OHSAWA PROFILE
大澤誉志幸

1981年4月に「クラウデイー・スカイ」のヴォーカルギターとしてビクターよりデビュー。
二枚のシングルと一枚のアルバムをリリースする。
その後、沢田研二、中森明菜、山下久美子、吉川晃司etc.へシングル曲を提供し、メロディー・メイカーとしての才能を世間に認知させる。

1983年6月にEpic sonyよりソロデビュー。
「そして僕は途方に暮れる」等の大ヒットでシンガーとしての地位を不動のものとする。

ソロ・アルバムを発表する傍ら、吉川晃司、アンルイスを始めとする数々のアーティストに楽曲を提供し、鈴木雅之、本木雅弘等のプロデュースを行なう。

また、バブルガム・ブラザース、杏子、鈴木聖美等を集めてクリスマスアルバムの企画、制作等その活動は多岐に渡っている。
1995年にはワーナーレコーズに移り、三枚のアルバムを発表したのちシンガーとしての活動を停止し、作曲、プロデュース活動に専念する。

2002年、二年半の充電期間を経て、活動を再開。

「Nova Bossa nova」「summer breeze」等CD・BOOKやシングルを発売し、迎えた2003年20周年を記念したアルバム「y」が古巣Epic sonyより発表。

2004年より三洋信販のCM「Stand by me」(カバー楽曲)がオンエアー。フェバリット楽曲のCDシリーズ化の第一弾マキシ・シングル「Favarite」(sorte-001)を、自身のレーベル「SORTE」よりリリース。

2005年はFCのみの限定販売で「夏の終わりの午後」を含む4曲入りマキシ・シングルを発表する。
また、山下久美子25周年企画アルバムにハウンド・ドッグ大友康平と参加、旧友三人で名曲「you’ve got a friend」を歌う。大澤本人はギター、コーラスも担当。

2006年はTOYOTA車 TOYOTA RAVE4 CM に大澤誉志幸が作曲/ギター/サブ・ヴォーカル/プロデュースで参加。

2007年、期待の新人女性ヴォーカリスト高杉さと美シングル「遠く離れても」の楽曲提供


※公式サイトより抜粋しました。
SCOOP VOL.0より
Y.OHSAWA'S PROFILE

オオサワヨシユキ
大沢誉志幸

1957.10.3
天秤座
AB型
杉並区高円寺
南土亜恋

170cm
55kg
25.5cm

マイルドセブン
メン類
原田知世
ナルシスト
メンズ・ビギ
銀色夏生
1983.6.21
ハードボイルド

※このプロフィールは、大沢さんのFCスタートのSCOOPという冊子のVOL0号より抜粋しました。1984年当時のプロフィールです。懐かしく目を通しました。

Favorite
2004年12月10日発売

fevorite



1.stand by me
2.I saw the light
3.my Cherie amour
4.this old heart of mine
5.desade que o samba e samba
6.stand by me insttrumental
7.this old of mine instrumental
Y
2003年11月19日発売
デビュー20周年記念アルバム

y



収録曲

1.遙かな夕暮れ~Love Or Nothing~
2.25階のベルベット
3.Parallel
4.永遠の先
5.beautiful~誰もが捜す光~
6.恋するPURE
7.どこかで誰かが愛してる~AKI'S HOLY NIGHT~ 
8.青い鳥~L'oiseau Blue
9.ここより永遠に
10.夜の口唇


Summer Breeze ~心が還る場所~
2002年9月18日発売

summerbreeze



収録曲

1. Summer Breeze~心が還る場所~
2. vanity of life[愛を伝えよう]
3. 突き刺さる太陽-remind-(Remix version)
4. Omini-vovous(雑食)instrumental
5. Summer Breeze~心が還る場所~ instrumental
Nova-Bossa nova
2002年2月10日発売


novabossanova



収録曲

1. Living Kiss
2. 橋の上の恋人
3. 君のいないソファ
4. ROSTO
5. 突き刺さる太陽~remind~
6. 僕を忘れて
Love Life
1998年4月25日発売

lovelife



収録曲

1. トパーズ(Album Version)
2. 固いくちびる
3. Oh Sweetie!
4. Private Heaven
5. SOUNDTRACK
6. 僕らはまだここにいる
7. cavalier
8. LIFE
9. 愛する君へのバラッド
10. 道
Loveduce
1997年3月10日発売

loveduce



収録曲

1. Lovejenic
2. HOLD ON ~くちびるには気をつけろ~
3. 5分後のEROS
4. Babyrose
5. 悲しみはずっと海の色
6. 君のいない街で
7. 愛している心はまるで...
8. Daydream(それは愛しかなかった夢だった)
9. Body Revolution
10. Little Darling ~Doopな夜はこれからさ~

Love Healing
1995年9月25日発売

lovehealing



収録曲

1. 君の、その翼を広げて
2. 甘い関係
3. Sunshine Love
4. 天使が消えた夜
5. せつない時は僕がいる -素晴らしい世界-
6. STOP THE RAIN
7. 君がそばにいてくれたら それだけでいい
8. 裸のわがまま
9. 愛する能力 -明日へ、未来へ-
10. Love Healing -#1995 years old
Collage
1994年7月21日発売

corage



収録曲

1. 1/2の神話
2. ラ・ヴィアンローズ
3. 晴れのちBlue Boy
4. プライベートホテル
5. Just Feelin' Groove
6. ガラス越しに消えた夏
7. No No サーキュレーション
8. 真夏の夜にタンゴ
9. おまえにチェックイン
10. 時代遅れの恋心
MASQUARADE
1993年10月1日発売

masquarade



収録曲

1. Reverse ~君だけは離せない~
2. いけない涙
3. Angelic Baby(ロングヴァージョン)
4. 沈めた指輪
5. 楽園へ急ごう
6. 初恋(サウンドトラックヴァージョン)
7. 君の横顔
8. 涙のかわりに
9. 夕やけ
10. 愛のカリスマ
NAIVE
1992年4月22日発売

naive



収録曲

1. 寝返り -GET YOU BACK-
2. 忘れられなくて
3. パリ行405便
4. naive
5. ついてこいよ
6. WEEKENDは夏の匂い
7. HUSKY -君の悲鳴を聞くために-
8. 逃走迷路
9. LOVER MANが聴こえる
Serious Barbarian III 楽園
1990年10月21日発売

sb3



収録曲

1. Serious Barbarian III: Changin' ~月と密林
2. ずっと甘い口唇
3. DOLL
4. Oh! Met ∞ cha ~つまりはすべて夢のせいにすればいい
5. 瞳のパラレル
6. 遠い約束
7. 誰のためでもない欲望(Peep & Deep Inside)
8. Plot 3(南へ行けなかった男)
9. 夜の色彩
10. Freeze Frame(5分間のオリジナリティ)
11. 微笑みだけがそこにいる
12. Reprise of Serious Barbarian I & II
Seroous Barbarian II
1989年10月8日発売


sb2



収録曲

1. G
2. REAL ACTION
3. MASCULIN-FEMININ ~Serious Barbarian II
4. EARLY LEMON
5. 恋人と言えない ~COLD & HOT
6. I WANT YOU
7. DUMMY HEAD
8. 天使の微笑
9. 誰にもわからない
10. U≦N<D
Serious Barbarian
1989年4月7日発売

sb



1. Little Wing(version 1)
2. Serious Barbarian~Prologue X~
 I. Serious Barbarian
II. Interlide #B
III.GodIV.Pleasure Connection(Command is ZERO)
 ~Epilogue X・Y・Z~

3. ブロンズの瞳
4. Stop & ギミーラブ
5. パセリを見てる
6. Wink of Destiny
7. 1・2・3 for Love
8. Standard Lover
9. 海辺のVision
10. A Dog in Blue ~Toughな夢見て
11. Little Wing(version 2)
SCRAP STORIES
1987年9月21日発売

SCRAP STORIES



収録曲

1. Go Go "Trouble" Heaven
2. ゴーゴーヘブン
3. One Night Shuffle
4. はちみつHotel通り
5. フランス海岸
6. 馬が行く
7. ダンスをしようぜ
8. スカしたBeatで…
9. どこにでもいる奴 -Johnson-
10. 終りのない傾き
LIFE
1986年8月1日発売

life



収録曲

1. I'm not living (But) I'm not dying
2. Planet love
3. Blue-Break-Blue
4. ジェランディア(願望国)
5. 雨のecho
6. ガラスの部屋
7. クロール
8. Time passes slowly

in・Fin・ity
1985年5月2日(木)
4th alubm

infinity



収録曲

1. 彼女はfuture-rhythm
2. Lady Vanish
3. inFinity
4. 盗まれた週末
5. Love study
6. レプリカ・モデル
7. 最初の涙 最後の口吻
8. 熱にうかされて
9. 恋にjust can't wait
CONFUSION
1984年7月10日(火)
3rd album発売

confusion



収録曲

1. CONFUSION
2. そして僕は、途方に暮れる
3. 雨のタップダンス
4. Free wayまで泣くのはやめろ
5. その気×××
6. Living Inside
7. 彼女の向こう側
8. ダーリン小指を立てないで
9. BROKEN HEART
10. ウーレイ
scoop
984年2月25日(土)発売
2nd album

scoop



収録曲

1. Scoop
2. スロウダンス
3. 午前2時を過ぎたら
4. I loved you…
5. ハートブレイク・ノイローゼ
6. ジュークボックスは傷ついてる
7. Ring Ring
8. ゲームを教えて
9. ビリーの災難
10. CAB DRIVER
大澤さんへおめでとうを伝えよう!
大澤さんへ、25周年おめでとう!のメッセージは
こちらへどうぞ!


※なお管理人が不適切であると判断した内容は削除させていただきますので、ご了承ください。

まずいリズムでベルが鳴る
1983年6月22日発売******
デビューアルバム

まずいリズムでベルが鳴る



収録曲

1. e-Escape
2. サディスティックCafe
3. Jokeでシェイク
4. 宵闇にまかせて(Kiss & Kiss)
5. キッスはそこまで
6. 彼女には判らない(Why Don't You Know)
7. Deep Sleep
8. ベッドからLove Call
9. プラトニック・ダンサー
10. まずいリズムでベルが鳴る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。