大澤誉志幸ソロデビュー25周年記念ブログです。 大澤誉志幸さんソロデビュー25周年!大沢誉志幸から大澤誉志幸へ。「そして僕は途方に暮れる」など数々の名曲から25年。

大澤誉志幸 y-ohsawa the 25th anniversary --2008年限定公認BLOG--
大澤誉志幸 y-ohsawa the 25th anniversary --公認BLOG(2008年限定)-
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大澤誉志幸 クリスマスソング2 キャンドルを消さないで
キャンドルを消さないで
クリスマスソングその2は、1996/11/30(土) リリース 「キャンドルを消さないで/たったひとりの君を」です。

「キャンドルを消さないで」はかの香織さんとのデュエットソング。発売のころ、かのさんのイベントで大澤さんがゲストでいらっしゃる!という情報を知りさっそくライブへ行きました。久々の大澤さんのライブということもあり、かなり大澤さんファンがいらっしゃっていました。
大澤さんは黒のコートに帽子にサングラス(キャンドルを消さないでのプロモバージョンですね)でした。
この曲は、クリスマスソングど真ん中~って感じのキャンドルの灯りのように、あったかい曲ですよね。
イントロのチュルルルチュチュル~のところから、ほんわかしてしまいます。
大澤さんのクリスマスソングの中で、一番甘い曲かな~と思います。でも、歌詞は、キャンドルさながら消えそうで消えない、ゆらめくキャンドルライトのような二人の気持ちが歌われてるんですよね。
大澤さんの語りかけるようなVOCALの優しいロマンティックな曲です。

かのさんと言えば私の中でそれまでは「ショコラータ」のイメージが強くて、スタイリッシュでミステリアスな不思議な人って感じだったんですが、ソロになられて、この曲の頃の印象は、180度変わっていて、ナチュラルで自然体な女性になっていらして驚きました。
今は、なんと酒造りをされながら、音楽活動されているとか!渋すぎる!かっこいい。

カップリングの「たったひとりの君を」はクリスマスに、TOKYO MAIN DININGでのライブの時に初めてライブでやる曲、という事で大澤さんが歌ってくださいましたね。
クリスマスイリュミネーションの町並みを窓越しにスクリーンのように眺めながら、素敵なライブでした。

「キャンドルを消さないで」は、大澤さんのアルバム「ID」にも収録されています。
ネットでダウンロードもできますので、まだ聞いたことない!という方は、ぜひ聴いてみてくださいね。


大澤誉志幸 Xmas ライブ情報

  2008年12月05日
  YOSHIYUKI OHSAWA Christmas Special LIVE

------------------------------------------------------
  at 静岡県焼津市文化センター 大ホール
  料金 全席指定 4,200円(税込)
  開場18:30 開演19:00
  問合先:焼津市文化センター 054-627-3111




  2008年12月21日 (sun)  
  25th anniversally years.
  大澤誉志幸クリスマスライブ 「A very special x'mas」
  1st & 2nd Live at STB139

------------------------------------------------------
 東京 六本木スィート・ベイジル / 港区六本木6-7-11
開場ならびに開演: ★1st Live / open: 13:00 / start: 14:00  
★2nd Live / open: 17:00 / start: 18:30
チケット料金: 1st Live / 2nd Live 各6500円(飲食別)

STB GARDEN会員/一般優先受付 
申込開始/2008. 10 30. [Thu]   〆切 / 2008. 12. 05 [ Fri ]
詳細はこちら>>>Y-OHSAWA公式ホームページ




スポンサーサイト

テーマ:☆クリスマス・ソング☆ - ジャンル:音楽

そして僕は途方に暮れる 25th ver 初回限定版
そして僕は


そして僕は途方に暮れる 25th ver 発売になりましたね!
皆さんもうお聴きになりましたか??
私も今日は1日カーステレオのMusicは、もちろん、これでした。

キーが当時と同じとの事、いつもライブで聴きなれていた「途方」が定番「途方」になって居たので、久々に初代「途方」バージョンを今の大澤さんの声で聴けた、という感じがしますね。
「途方」は、大澤さんの甘い高音の曲だったんだなぁと、改めて実感出来た気がします。
このハスキーなんだけど、高音の甘い声が大澤さんの大澤さんたる唯一無二な武器だと思います。
初代途方と聴き比べると、キーは一緒なんだけど、さらに歌い方は大澤さんに馴染んでいて、初期のバージョンより、大人の包容力ある「途方」になっています。
アレンジは、「stand by me」のURUさん。
生ストリングスバージョンになっているんだけど、ピアノとストリングスで透明感があってソフトなのか?というとそれだけでなく、弦楽器の音の響きが力強さを感じさせています。
これは、是非、ライブで聴きたいですね!

「丘の上の恋」は、大澤さんとジャズギター&クラリネット三人で一発録りしたものだそうですが、そのライブ感が伝わって来ます。ジャズテイストの心地よいグルーブ感。
儚い想い出がふわふわと舞い踊っているような、切なくて甘い曲です。名曲だと思います。
クラリネットの音色って癒し系、優しい音ですね。大澤さんのソフトな歌声に絶妙に絡み合っていて、これもライブで聴きたい1曲です。

DVDは、大澤さんのアコギ弾き語りバージョン。「そして僕は途方に暮れる」と「ガラス越しに消えた夏」の2曲。ライブでは、馴染み深いアコギバージョンですね。
でも弾き語られると、ヒジョーに、切ない気持ちになる2曲です。大澤さんが、目を閉じてぐぐっと曲の世界観に入って歌ってる時、オーディエンスには、その世界観の風景が鮮やかに浮かんでいるんですよね。
大澤さんの、その声、類まれな天性のものだとあらためて思いました。

ライブでは、その圧倒的声の存在感がさらにダイレクトに感じられるので、この新しい「途方」と「丘の上の恋」が次回のライブで聴けると思うと、とても楽しみです!
ライブ未体験の方、迷ってる方は、ぜひぜひ生の大澤さんのライブを体験して欲しいなと思います。


★5月のライブ予定★

5月11日 
大阪・FM 大阪HIBERNAITIONCLUB 「The Dream Magic」 公開録音
5月18日  
東京・池袋サンシャインシティにてTokyo FMの公開イヴェント出演


5月31日  
東京・CHIVAS REGAL presents. Smooth Blaze~Yoshiyuki Ohsawa premium live~

詳しくは公式のインフォをご覧ください>>>Y-OHSAWA

*************************************************
25周年の第一弾シングル発売になり、いよいよ25周年スタートの感がわいてきますね。
31日のライブは、山下久美子さんがゲスト。って事は、あの曲が聴けるのかな~、それともあれ??といろいろ思いめぐらしつつ、ライブまで楽しみたいと思います!
写真は、きれいな夕焼けだったので、パチリと撮ったものです。
そして僕は途方に暮れる(25th ver.)本日発売!
そして僕は途方に暮れる」ついに、発売日となりました!25th version いったいどんな仕上がりになっているんでしょうか。早く聴きたいですネ。

そして僕は途方に暮れる(25th ver.)(初回盤)(DVD付)そして僕は途方に暮れる(25th ver.)(初回盤)(DVD付)
(2008/05/07)
大澤誉志幸

商品詳細を見る


そして僕は途方に暮れる(25th ver.)そして僕は途方に暮れる(25th ver.)
(2008/05/07)
大澤誉志幸

商品詳細を見る



皆さんの感想もぜひぜひ、教えてください。blogerも聴いたら、すぐ、感想UPしたいと思います!

6日はゴールデンウィーク最終日、体を休めつつ、今まで録りためている大澤さんのVTRを鑑賞いたしました。
そして僕は途方に暮れる」は、過去25年のうちに、リアルライブはもちろん、TV番組やライブ中継なんかで何度となく、いろんなバージョンを聴かせてもらってますね。しかもどれも全く同じっていう事がないんですよね。その時、その時で、全く違う曲のようです。

今日聴ける、「途方」もまた、今までにない「途方」であることは間違いないと思います。
ソロデビュー25周年を迎える大澤さんによって新しい息を吹き込まれる「途方」に期待大ですね!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。