大澤誉志幸ソロデビュー25周年記念ブログです。 大澤誉志幸さんソロデビュー25周年!大沢誉志幸から大澤誉志幸へ。「そして僕は途方に暮れる」など数々の名曲から25年。

大澤誉志幸 y-ohsawa the 25th anniversary --2008年限定公認BLOG--
大澤誉志幸 y-ohsawa the 25th anniversary --公認BLOG(2008年限定)-
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大澤誉志幸 Produce Dance to Christmas
Dance to Christmas
12月にクリスマスライブのお知らせが続いたところで…大澤さんのクリスマスソングをピックアップしようかなと思います。
まずは、大沢さんプロデュースのクリスマスアルバム
皆さんの、毎年のクリスマスの必須アイテムとなっていることでしょう。

「Dance to Christmas」です。

このアルバムは、夏に録音されたという事は、発売当時に大澤さんがよくお話されていましたね。
しょっぱなのイントロからいきなりソウルフルなクリスマスソングです。
メンバーもゴージャス。
大沢さんをはじめ、鈴木雅之さん、鈴木聖美さん、杏子さん、GWINKOちゃん、バブルガムブラザーズ、松岡英明さん、エルタバスコス、アマゾンズ、渡辺信平さん、西村麻聡さん、森の木児童合唱団

この1曲を聴くためにも、一家に1枚…!と思うくらい素敵なクリスマスソングです。
これカラオケに入っているんですよね。ひとりで歌おうとすると大変です。ひとり何役?
♪不思議な~何かがそこにある~ヒカリノコエ~♪のところ、ハモれたら気持ちいいだろうな~と思います。
あと最後の子供たちのメリークリスマス☆がかわいい…。

大沢さんは、この曲と、次の「Merry Christmas Go Round」with GWINKOちゃんと、ラストの「一人きりアヴェニュー」。
いろんなテイストの曲が入っていて、これぞコラボレーション!って感じです。

大沢さんがクリスマスアルバムをプロデュースと聞いた当時は、ちょっと驚いたことを思い出します。
超こてこてなクリスマスソングをイメージしていたからでしょうね。
でも、作品を聴いた時、やっぱり大澤さん流のクリスマスソングなんだ~と妙に納得し、ホッとして、ヘビロテアルバムとなりました。。
今聴いても、全く新しい、毎年定番のクリスマスアルバムです。

当時のTV番組「Ez」で特集がありましたね。皆さんご覧になりましたか?
アルバムの雰囲気そのままの楽しい番組でしたね。
GWINKOちゃんと二人で大沢さんが歌う「Merry Christmas Go Round」、最後に大澤さんが照れてるところがとってもかわいかったですよね。

今年の12月のライブには、Xmas special ということなので、いつもよりクリスマスソングがたくさんあるのかな???と思いますが…どんなセレクトとなるのでしょう。今から、12月のライブが楽しみですね。
そう言えば、先日TVでバブルガムブラザーズさんが復活されるとのニュースを見ました。嬉しいニュースですね。

1. Dance To Christmas
2. Merry Christmas Go Round / GWINKO・大沢誉志幸
3. 24th or 25th / 杏子
4. 特別な一日 ~a special day~ / 鈴木雅之
5. 静かな夜 ~black & white~ / バブルガム・ブラザーズ
6. 真冬の夜の夢 / 渡辺信平
7. ふだん着の聖夜 / 鈴木聖美
8. Hey Cool / 7's
9. クリスマスの一生 / エル・タバスコス
10. 一人きりアヴェニュー / 大沢誉志幸



大澤誉志幸 Xmas ライブ情報

  2008年12月05日
  YOSHIYUKI OHSAWA Christmas Special LIVE

------------------------------------------------------
  at 静岡県焼津市文化センター 大ホール
  料金 全席指定 4,200円(税込)
  開場18:30 開演19:00
  問合先:焼津市文化センター 054-627-3111




  2008年12月21日 (sun)  
  25th anniversally years.
  大澤誉志幸クリスマスライブ 「A very special x'mas」
  1st & 2nd Live at STB139

------------------------------------------------------
 東京 六本木スィート・ベイジル / 港区六本木6-7-11
開場ならびに開演: ★1st Live / open: 13:00 / start: 14:00  
★2nd Live / open: 17:00 / start: 18:30
チケット料金: 1st Live / 2nd Live 各6500円(飲食別)

STB GARDEN会員/一般優先受付 
申込開始/2008. 10 30. [Thu]   〆切 / 2008. 12. 05 [ Fri ]

詳細はこちら>>>Y-OHSAWA公式ホームページ
スポンサーサイト
大澤誉志幸 夕凪 情熱と冷静、夕凪と波。。
夕凪ジャケ

情熱(赤)冷静(青)の間…の大澤さん

CDとDVDのカラーも、青と赤。ジャケットの女性の着物の色と同じですね。
青は、人を落ち着かせる色、赤は、人を高揚させる色。
COOL&HOOTな色彩がまず目に飛び込んで来ますね。
DVDは、まさにこの2極なイメージそのままです。

1,2への流れもそんな雰囲気。情熱的なその気から、シンフォニックなガラス越しへ。。
その気は、大澤さんの解説にあるように、ホーンセッションとコンガが気持ちいいですね。
ガラス越しの1番あとのロングバージョンの間奏のストリングス綺麗です。この編成でライブで聴いてみたいなぁ~。気持ちいいですね。重厚かつ繊細。
夏の日の永遠は、ボサノヴァ。夕方のオレンジ色に染まった空と海が見えますね。心地よいです。

チェックインも、楽しいですよね。これライブで盛り上がりそうですね。
宵闇は、私の大好きな曲です。オリジナルのぽわわんとした雰囲気がすごく好きなんですけど、今回はボサ・ヴァージョン。フルートがスパイスですね。なんかシチュエーション、夜なんだけど、リゾート地のプールサイドな感じです。
アレンジで同じ状況でもイメージする場所がこうも違うものなんですね、不思議。
サヨナラCOLORは、ハナレグミさんヴァージョンは爽やかな感じなんだけど、大澤さんはさらに深みがあります。ディープでアダルティです。

月と赤い兎は、ライブ会場がバーっと浮かびます、そのまま大澤さんのギターを弾く表情まで浮かびますね。嬉しい1曲です。そのままインフィニティに入りそうな…。。

大澤さんは、ホントに同じ人?っていうくらい歌力が幅広いです。。甘かったり、ハードだったり、男くさかったり、女性的だったり…ホントに自在。
今回のアルバムは特にそんな大澤さんの多面性が堪能出来る1枚だと思います。

夏の終わりの余韻、夕凪の静かな海
その静けさの中で、いくつもの感情の波が体感できるアルバムだ…と思います。

DVD、その気は、どんな映像なんだろうとハラハラドキドキでしたが、色彩が艶やかでゴージャス、カッコよくて好きです。
大澤さんは、紫が似合う!紫が似合う男性ってそうそう居ません…。
そういえば、昔sock it to meの時も紫のガウンでしたね。あれもゴージャスかっこ良かったですね。あれはとってもDISCOTICでした。今回はもうちょっと秘密の香りがするところですが…。。
そして、ガラス越しは、180度対極。モノトーンでナチュラル&シンプルな映像ですね。
これが、大澤さんワールドなんですよね。一人で、どちらも表現する事が出来る。

これから続くライブがますます楽しみになって来ました。

大澤さんは、すでに次のアルバムへ心は向かってらっしゃるんでしょうね。
夕凪、ライブまで皆さん、ヘビロテで聴きましょう~。

画像は夕凪ジャケットを、赤と青の微粒子の空間に変えてみました☆

☆ライブ情報☆

FAB LIVE INFORMARION ------------------------

 CHIVAS REGAL presents. Smooth Blaze 
at FAB/表参道          
 Yoshiyuki Ohsawa Favorites Afternoon Live & Night LIVE

SPECIAL GUEST
ZOOCO(ずーこ) / 露崎春女(つゆざきはるみ)

■開催日:2008. 10.25 (sat) 
■場所:FAB omotesando(表参道/東京)
〒150-0001 渋谷区神宮前4-2-12 WES B1F
●TEL:03-5772-8566 ●FAX:03-3746-1015
●http://www.fab-web.net

--------------------------------------------------------
大澤誉志幸 season's greetings夕凪 レコーディングレポ再びアップ
Season’s greetings II~夕凪Season’s greetings II~夕凪
(2008/10/15)
大沢誉志幸

商品詳細を見る


Season's greetings 夕凪 が15日に発売になりました。

8月にはレコーディング中の大澤さんのレポがbloger&密林さんのところへ届きました。
発売に合わせて、せっかくなので…再び、2つのレポを1つにまとめてみました。
曲を聴きながら、大澤さんのレコーディングレポを皆さんも再び、読んでみてはいかがでしょう??
きっと、さらに味わい深いと思いますョ!

Season's greetings 夕凪
1 その気×××(25th Ver.)
2 ガラス越しに消えた夏
3 夏の日の永遠
4 おまえにチェックイン
5 宵闇にまかせて(Kiss & Kiss)(25th Ver.)
6 月と赤い兎(Instrumental)
7 サヨナラCOLOR
8 その気×××(Acoustic Ver.)


1 その気×××(25th Ver.)
「その気」は20周年のライブのときに演奏したものとほぼ同じ感じで演奏、録音しました。
テンポが速くなってカッチョ良くなっていると思います。
まずバンドでセーノで4回ほど録音し、その4つのテイクから一つのテイクを選びました。
そののち、ホーン・セクションをダビングしました。
何か足りないと思い、僕がコンガを仮で叩いたのですがね、イマイチでした。
なので、別の日に小野リサの旦那さんにちゃんと叩いてもらいました。
(彼は前回のレコーディングでも「丘の上の恋」のブラシを演ってもらいました。)
で、歌入れももう歌い慣れているので、即うまくいきました。

2 ガラス越しに消えた夏
「ガラス越し」はオーケストラ・ヴァージョンです。
楽曲のメロの構成が変わっているのがミソです。
なんと、一番の歌を歌い終わるといきなりの間奏です。長めです。
ちなみにストリングスは弦一徹グループです。
彼らは、「途方」のストリングスも弾いてくれてます。

3 夏の日の永遠
新曲の「夏の日の永遠」は確かSTBで僕が復活したときに演奏しています。
そのときは歌詞はありませんでした。
今回、西田恵美さんに歌詞をつけてもらいました。
ボサノヴァです。ただ、モンド風にカズさんのトレモロ・ギターを入れて見ました。
とっても心地よいですよ。

4 おまえにチェックイン
残りは、スカ・ヴァージョンの「お前にチェックイン」とカバー曲です。
「お前にチェックイン」はオルガンを抜かして、録音済みです。
この楽曲は関西の若手スカバンド(名前は確認し忘れました)
をわざわざ呼んでのワキアイアイセッションでした。


5 宵闇にまかせて(Kiss & Kiss)(25th Ver.)
宵闇にまかせて」はボサ・ヴァージョンです。
フルートにピアノ、ギターにパーカッションの編成です。
楽しくなごやかにセーノで一発録りをいたしましたよ。

6 月と赤い兎(Instrumental)
8 その気×××(Acoustic Ver.)
他に先日のSTBで演奏した弾き語りの「その気」生ギター・ヴァージョンと
「インスト」を録音しました。
「インスト」はまだタイトルがついてません。
この楽曲はいつも「インフィニティー」の前奏で弾いている
ギターだけの前奏メロを録音したものです。

7  サヨナラCOLOR
大澤さんの自宅でお酒片手の録音バージョンが採用されています☆
レポ時には、まだ楽曲が決まってなかったので…大澤さんレポはありませんが、サロンで聴かせていただいた時に、かなり崩して歌ったとおっしゃってました。はい、原曲がわかんないくらい大澤さんテイストですね。


FAB LIVE INFORMARION ------------------------

 CHIVAS REGAL presents. Smooth Blaze 
at FAB/表参道          
 Yoshiyuki Ohsawa Favorites Afternoon Live & Night LIVE

SPECIAL GUEST
ZOOCO(ずーこ) / 露崎春女(つゆざきはるみ)

■開催日:2008. 10.25 (sat) 
■場所:FAB omotesando(表参道/東京)
〒150-0001 渋谷区神宮前4-2-12 WES B1F
●TEL:03-5772-8566 ●FAX:03-3746-1015
http://www.fab-web.net


--------------------------------------------------------

今日とじっくりとCDを聴きました。
私の感想ものちほどUPいたします★





大澤誉志幸 Season’s greetings II~夕凪 発売
Season’s greetings II~夕凪(初回盤)(DVD付)Season’s greetings II~夕凪(初回盤)(DVD付)
(2008/10/15)
大沢誉志幸

商品詳細を見る


夕凪の発売日となりました。
皆さんもうお聴きになりましたか??

私も先ほどようやくゲットして来ました。じっくり聴いて、また感想もUPいたします。

今日は、急きょ大澤さんのラジオの生放送もあったようで!!
山の中で仕事中だったので、どうしようもなかったですが…くすん。。
どんな内容だったんでしょう。。聴けた方がうらやましい限りです。

season's greeting 夕凪 cover曲 サヨナラcolor &夕凪の風景
Season’s greetings II~夕凪Season’s greetings II~夕凪
(2008/10/15)
大澤誉志幸

商品詳細を見る


先日の続きです。。サロンの時に season's greetings II 夕凪の中から、できたてホヤホヤの1曲を聞かせていただけました。
曲名は、ハナレグミさんのCOVER曲。「サヨナラCOLOR」
大澤さんのレポの時はまだ楽曲が決定されてなかったから、ハナレグミさんの曲になるというところまで、だったですよね。
ちょうどいいタイミングでサロンのレッスンがあってラッキーにも楽曲が聴けてうれしかったです。
オリジナルは、爽やかな切ない感じの曲ですが、大澤さんversionは、もっとお酒の似合うかんじです。(実際お酒片手に録音されたとか)
原曲より、かなり渋く大澤さんテイストになっていました。この曲を聴くだけでも、夕凪買う価値ありかも!くらいカッコ良かったです。

やっぱり、大澤さんのVOCAL、あの声は、誰にも真似できないな~と思います。

写真は大澤さん1人versionの通常版ジャケット。
この景色、美しいですよね。
そして、海が静かですね。ほんとに「夕凪」のワンシーンみたいです。
去年のFCツアーで熱海に行った時、それを一番最初に思ったんですよね。静かなとても母性を感じる穏やかな海だな、と。

 かの素潜りで100mの壁を初めて超えたグラン・ブルーのモデルとなったジャック・マイヨールは、海の中は母なるガイヤの子宮の中に居るようだと言いました。
 海は見ているだけで、人の心を落ち着かせ再生させる力があります。

海が目の前に広がる部屋には、「海に月光の道が出来る時間」が書いてある表が置いてありました。
どうしてもそれが一番美しい状態で見たくてその時間、電気を消して、ずっと窓から海を見ていました。
そして、月光の道が海に浮かび上がった、あの瞬間の感動は忘れられません。とても美しかったです。
そんな事も、海を見ていたら思い出しました。


私の耳は貝の殻 海の響きを懐かしむ

ジャン・コクトーの詩のような…静かな遠い海の響きを感じます。
大澤さんの楽曲にも、海がよく出てきますが、海は、人をノスタルジックにさせますね。
このジャケットもまさしく、レトロモダンであり、ノスタルジック、そんな1枚ですね。










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。