大澤誉志幸ソロデビュー25周年記念ブログです。 大澤誉志幸さんソロデビュー25周年!大沢誉志幸から大澤誉志幸へ。「そして僕は途方に暮れる」など数々の名曲から25年。

大澤誉志幸 y-ohsawa the 25th anniversary --2008年限定公認BLOG--
大澤誉志幸 y-ohsawa the 25th anniversary --公認BLOG(2008年限定)-
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
銀色夏生作品
わかりやすい恋 (角川文庫)わかりやすい恋 (角川文庫)
(1987/12)
銀色 夏生

商品詳細を見る


初期の大澤さんの作品といえば、この人、銀色夏生さんが浮かびます。
やっぱり、最初に大澤さん&銀色さんを意識した「晴れのちブルーボーイ」の歌詞は、なんだ、これ?って衝撃でした。
大澤さんの曲とすごく合っていて、銀色さんなくしては、初期大澤作品はあり得ない!って人ですよね。
詩集も結構出ていて、好きでよく買っていました。かわいいイラストが入っていて、すごく少女漫画ちっくな印象なものもあったり、きれいな写真があったりバラエティに富んでましたね。
私、森高千里さんがすごくデビューの頃好きだったんですけど(ポカリのCMに出てた頃)、銀色さんの詩集に見つけた時は驚きでした。

いつかパチパチのインタビューで二人そろって出ていて(たぶんGOGO HEAVENの頃?)お互いを評しているのがあって大澤さんが、銀色さんを「クマのぬいぐるみ」って言ってたのが印象深かったです。

銀色さんの詞の印象って、ホントに鋭いナイフのようであり、かつデリケートなガラスのようなものを感じていました。10代、20代の感性って痛みを感じるくらい鋭いですよね。
銀色さんの感性って、あの頃すごく斬新でカッコ良かったですよね。大沢さんの曲にぴったりハマっていてクールだった。
SCRAP STORIESの歌詞のエピソードで、覚えてるのが銀色さんが「ロバのパン」って歌詞を入れててそんなのを大澤さんが知らなかったって話。九州地方は、来てたんですよね、移動パン屋さん「ロバのパン」
それって九州限定ものだったのかっ!とかなり衝撃でした。

次のアルバムで久々にタッグを組まれ、20ん年振りの再会だそうですが、40代を迎えた銀色さんが書かれる詞、とても興味があります。ニューアルバムが楽しみです。
銀色さんは、もう作詞はしないって確か以前言ってらしたので、嬉しいコンビ復活ですね!

一番上の詩集は、森高千里さんがモデルの「わかりやすい恋」

銀色さんの作詞で、一番好きな大澤さんの曲ってどれだろう??
ありすぎてわかんないけど…ベスト10考えてみようかな。

スポンサーサイト
懐かし本。大澤誉志幸さん登場の「観光地楽団」
観光地楽団観光地楽団
(2005/06/25)
矢口博康

商品詳細を見る


先日、神宮球場でのライブのテープを聴いていたら、久々にSAXのエスパー矢口氏のSAXの音色を聴いて、そういえば「観光地楽団」のカセットブックがあったな~と思いだしたのでピックアップしたいと思います。

大澤さんに関係ない~!と思うアナタ、間違いですよ~。このカセットブック、矢口さんが、そのころサポートしているいろんなアーティストに「観光地」について語ってもらうという対談の本が一緒についていて、大澤さんも、しっかりその一人なんであります。
カセットの方も、独自の矢口ワールド・不思議な音の世界が炸裂していておもしろいです。当時は「サッカーボール」って曲が好きでした。「け~る、ける、ける、け~る。ゴールポストにまっしぐら」っていうそのままの歌詞に、ある意味衝撃でした。(笑)
対談がまたそれぞれ味があって一読の価値有りです。

大澤さんとの対談のタイトルは、「粉末ジュースについてはプロ級の大沢誉志幸さんと」
高円寺の阿波踊りについて、や、ワタナベの粉末ジュース、大澤さんにとって観光地とは?なんかを矢口さんとほのぼの対談です。
大澤さんが対談の中でワタナベの粉末ジュースのCMの事に触れていて「♪ワタナベの~」と歌っているらしき個所があります。どんなCMソングだったのか、見たことがないので、いまだに謎です…!

もし、まだ読んでない方は、2005年に復刻されていて、売り切れている店もあるけどネットで入手出来ますヨ。ちなみにリンク貼ったアマゾンでは、1冊在庫ありでした。早いもの勝ちですネ!

大沢さん以外の対談相手☆★
サザンの桑田佳祐さん、ムーンライダースの鈴木恵一・さえ子さん、泉谷しげるさん、サザンの関口和之さん、立花ハジメさん、エキゾティックスの吉田健さん、観光地楽団員(美尾洋乃さん、中原信雄さん、鈴木さえ子さん、小滝満さん(欠席))


観光地楽団 矢口博康
カセットブックシリーズSEED
1984年9月25日第一刷発行

*********************************************
追伸
HMVにも、確認したら在庫あり、でした。
もし欲しいよぉ~と言う方はチェックしてみてくださいね!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。