大澤誉志幸ソロデビュー25周年記念ブログです。 大澤誉志幸さんソロデビュー25周年!大沢誉志幸から大澤誉志幸へ。「そして僕は途方に暮れる」など数々の名曲から25年。

大澤誉志幸 y-ohsawa the 25th anniversary --2008年限定公認BLOG--
大澤誉志幸 y-ohsawa the 25th anniversary --公認BLOG(2008年限定)-
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
焼津ライブ行って来ました
焼津のライブへ行って来ました~。昼間強かった雨も会場へ向かう時間には止んでいました。
オープニングは大澤さんとカズさん泰輝さんでスタート。「途方」「ガラス越し」しっとりと…スタートしバンドスタイルあり、大澤さんのソロあり、トークではネタ満載と…焼津までライブ行って良かった~!と心から思った1日でした。
このステージの距離感、音の響き…もやっぱりイイ!と思いました。
久しぶりのパンキッシュな1/2の神話、クリスマスらしく、ジャッジ~な、どこかで誰かが愛してる、が特に良かったな~。
詳しい感想はまた帰宅してからゆっくりと書きますね。昨日は大澤さんのライブを堪能し、明日は、フェルメールを堪能して来ます!


スポンサーサイト
大澤誉志幸 A very special X'mas LIVE AT STB 12/21
XmasLive

  25th anniversally years.
  大澤誉志幸クリスマスライブ 「A very special x'mas」
  1st & 2nd Live at STB 139 
 --------------------------------------------------------
  2008 12/21 (sun)
  
  音楽活動25周年を迎えた大澤誉志幸が贈るクリスマス・ライブ。 

  代表作、「そして僕は途方に暮れる」「ガラス越しに消えた夏」は
  むろんのこと、大澤の代表作とスタンダードなクリスマス・ソングで
  満ち溢れる1日。
 
  僕らはただただこのメモリアル・ライブを楽しむだけなのだが
  この日、このときを生きている証しに、
  必然時に泣いてしまうかもしれない。
  そして、生きている「喜び」を大澤と音楽をとおして感受してしまう。

  「魂」と「クリスマス」。
  そして、「幸福」は僕等に光の如くあらわれる。


  **********************************************

  もう街のディスプレイもクリスマスムードですね。
  25周年YEARの締めくくりは、STBのクリスマススペシャルライブ
  ですね。

  GARDEN会員/一般優先予約は、
  10月30日より受付開始。
>>>詳細はこちら
  一般発売は、STB,チケットぴあにて発売中です。

  画像は、クリスマスツリーにらくがきしてみました☆
  25周年のクリスマス、
  大澤さんは、どんなライブを見せてくださるんでしょうね。

Season's greeting II 夕凪 予約済み??

右サイドバー「大澤誉志幸amazon pickup」に 夕凪 を追加。
素敵なジャケットですね!(9/12)



公式BBSで、大澤さんの近況報告がありましたね。
レコーディングも佳境だそうで…。。
来月には、私たちの手元に、届くわけですが…。
楽しみになって来ましたね!

PVも、どんな感じになっているのか、ちょっとドキドキハラハラな感じで…待つことにしましょう!
レコーディングの後の大澤さんのスケジュールを再度列記しておきますね。

◎2008 10/11 (sat)
  震災メモリアルライブ2008  結の灯り
  2008年10月11日 (土) 
  響の森公園野外ステージ (魚沼市小出郷文化会館隣)
  開場 / 15:00  開演 / 17:00  終演 / 20:30 (予定)  雨天開催
  出演 : 大澤誉志幸・Skoop On Somebody・TOKU 他

◎2008 10/25 (sat)
 CHIVAS REGAL presents. Smooth Blaze at FAB/表参道          
 ~Yoshiyuki Ohsawa Favorites Afternoon Live & Night LIVE~

◎2008 12/5 (sat)
  YOSHIYUKI OHSAWA Christmas Special LIVE
  静岡県焼津市文化センター 大ホール
  料金 全席指定 4,200円(税込)
  開場18:30 開演19:00


全部行ける方もいるんですよね~。うらやましい…です。
私はさすがに全部は無理…っぽいですが…
まだまだ続く25周年ですからね★

Seasons'g greetingII 夕凪 も、10月発売!ってことはメディアにも登場またあるでしょうし、大澤さんもさらにレコーディングとは違う忙しさが待っていると思われますね。。
私たちもいろいろ目が離せませんね!

夕凪、皆様、予約済みですか??しっかり予約しましょうネ!
Landscape >>> drawing Y.O 風景と線
landscape
大澤さんの all produce作品、LANDSCAPEシリーズのvol.oneがこれ。
東京の風景とphotographと音楽。すべて大澤さん。

ほとんど夜の街の映像なんですが、音楽だけ聞くと、openingは特に、青空に白い雲が流れ行くような光に満ちた音楽です。夏の空によく合います。
音楽のみのCDヴァージョンもあります。これを聞きながら車を運転するといい感じです。
大澤さん自身もチラリチラリと登場。
水と光と闇が印象的ですね。音楽もまさしく、その3つが交錯しています。
大澤さんの瞳を通して見せてもらうアーティスティックなLandscape。
闇の中に光があり、光の中に闇があり、美しい風景を色と音で奏でています。

その中の1シーン、drawingで、鉛筆1本でさらさらと手慣れた感じでイラストを書き上げる大澤さん。
大澤さん、学生時代、教科書の隅にらくがきするタイプですよね、きっと…・・・。
CDのCollageでも、譜面のあちこちに、大澤さんちっくなイラストがいっぱいでしたね!

FCでもらった、drawing bookもありました。覚えてますか?
大澤さんは覚えていらっしゃるんでしょうか?
このFREE DRAWING ちょうど、23年前の今週、8月29日の日付ですョ!ちょっとだけUPしますネ!

drawing
これもまたアーティスティックです。タイプライターで打った英文がおしゃれです。


そして、毎回大澤さんの映像と音楽が楽しめるLandscapeシリーズ、続編はあるのかな。
ぜひ、ネクストお願いしたいところですね。

8月も終わりになって来ました。朝夕はずいぶん涼しくなってきましたね。
海風が陸風に変わる夕凪の刻のように、夏から静かに秋へ季節が変わり始めていますね。

大澤誉志幸 ミューズの晩餐を見る、そしてエルトン・ジョンといえば…
31日の「ミューズの晩餐」
ちょうど、ライブと同じ日だったので、録画を友人に頼んでてやっと見ました~。
後で考えたら留守録出来たんじゃない?と思うですが、失敗したら嫌だったので、堅実に…という事で。

トークメインの番組でしたね。
25周年という事で「途方」についてのエピソードなんかもあり。
大澤さんが初めて買った洋楽がエルトン・ジョンだったとは初めて知りました。
エルトン・ジョンのコピーが全部同じように歌えたっていう大澤さんは、中学生の頃から洋楽聴き込んでたんだなぁ…と感心するばかり。

エルトン・ジョンといえば「YOUR SONG」だなぁ…それって確かTVドラマの主題歌で知りました…。
「イグアナの娘」
お前はイグアナなのよ!と母親に言われ育った娘が自らも自分の姿が「イグアナ」にしか見えない…という不思議なドラマで絶大なる人気のドラマ主題歌だったんですよね。私は大好きで毎週見ては、涙しつつ、翌日は会社で話題でした。最後のいいところで、優しくかかってたんですよ、この曲。好きだった。詳しいサイトがあって懐かしくて読んでいたら、このドラマのプロデューサーが原作を読んでいた時になぜか頭に浮かんだのがエルトン・ジョンの「YOUR SONG」だったとありました。
と…そんな番組と曲を懐かしくエルトン・ジョンの連鎖反応で思いだしてしまいました。(見てた人居ます~?)

ピアニストを撃つな+4(紙ジャケット仕様)ピアニストを撃つな+4(紙ジャケット仕様)
(2001/09/27)
エルトン・ジョン

商品詳細を見る

番組の中ではBGMにアルバムの1曲目「ダニエル」が流れていました。

「途方」については、「途方」みたいな曲でと言われるのが嫌だったという話は以前TVに出演された時もトークでおっしゃってましたね。
私自身も大澤さんの楽曲すべての中で言えば「途方」は大澤さんを代表する曲ではあると思っていますが、自分の一番好きな曲とはまた違うので、「途方」がヒットした時には、やっぱりメディアの力って大きいのかな?と思ったものです。
けれど、長い月日の流れの中で、これだけ歌い継がれて来ている事で、いろんな方のバージョンを耳にしたり、大澤さんのライブで最近また頻繁に聴くようになって来て、大澤さんじゃないけれど、最近改めて、20年以上たっても色あせない名曲だと思えて来たし、最近の方が、発売当時よりも、私も「途方」が好きになっている気がしますね。

大澤さんにとって一番大切な曲「そして僕は途方に暮れる」は、ファンにとってもやはり、大切な曲になっていると感じます。

以前、大澤さんがライブか、雑誌かもしれないけれど…楽曲はつくり終えた時に自分(作り手)の手から離れるんだ、というような事を言ってたと思うんですが、まさしく離れた後、こうやっていろんな人に愛され、今また大澤さんの手元に戻って再び新しいアレンジで息を吹き込まれたんですよね。

そして僕は途方に暮れる(25th ver.)(初回盤)(DVD付)そして僕は途方に暮れる(25th ver.)(初回盤)(DVD付)
(2008/05/07)
大澤誉志幸

商品詳細を見る


31日のライブでは、「ミューズの晩餐」でのエピソードとして、THE M収録が2日のかかって、その翌日で、声が出なかった、という事をおっしゃってました。だから、キーを「G」で歌いました、って。
5月は私たちもCD発売、TV出演、ラジオ出演で大忙しでしたが、大澤さん自身は、もっとハードスケジュールだったんでしょうね…。
大澤さんの6月はどんなスケジュールなのかわかりませんが、ゆっくりできる時間があるのなら、ご自身の休息をじっくり取って、夏からのライブ、アルバム発売までエネルギーチャージして欲しいと思いました。

トークの中で、これから先の、のどの事もご自身で心配されていましたが、今はシンガーと言われる方が嬉しいという大澤さんにとって「声」は一番大切なものだから、これからもご自身の体を大切にしながら、30年、40年とその時々のベストの歌声を聴かせ続けて欲しいです。
大澤さんの代わりになる人は他にいないから!…と心から思った夜でした。

THE Mに続き、「途方」や大澤さんの歌の原点を知る事が出来る内容濃い番組でしたね。

6月は、大澤さんのソロデビューアルバムが発売された記念すべき月ですね。
25年前の今頃の時期、ソロデビュー前夜は、大澤さんはドキドキだったのかな。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。